2018年07月14日

生きること

2018/07/14(土)

 大きい子のおともだちは、今日から待ちに待ったサマーキャンプです。お父さん、お母さんと離れて初めてお泊まりする子もいることでしょう。

 今日の天気が気になるところですが、いつものように園舎周辺の朝のお天気を写真で紹介します。
今朝6時30分頃の写真です。

mjbQY8AeR06lwdmtJ5ZCtw.jpg
園舎前の公園のデイゴの木の幹の側から真上を見上げた
時の空模様です。雲ひとつない青空です。



V0EAy%7DSjOVbJpKohlzeQ.jpg
軽便橋中央からにらい橋方向を眺めた写真です。
川面も平らかで東シナ海遠くに雲の塊がひとつ見える程度です。



OznEf9TBT22wlT5fBBzIqA.jpg
にらい橋から東シナ海の遥か彼方の水平線方面を眺めた
写真です。やはり、水平線のすぐ上に雲の塊が一つだけ
ある他は真っ青な空模様のお天気です。


今日は、このような素晴らしい天気に恵まれたキャンプが過ごせそうです。その様子は、当園ホームページの ◎KodomoriDiaryブログ にて記事投稿する予定ですので閲覧されてみてください。

 今日は、このような素晴らしいお天気でしたので、「もしや」と、思いながら畑に上がってみますと、オクラの蕾が開きはじめていました。その瞬間の写真を撮りましたので紹介いたします。


fR%k7Z33Q2KWB4w%dNfP8Q.jpg
蕾から花開き始める瞬間の写真ですね。オクラの花はとっても綺麗ですよね。
これから少しずつ開いていく様子をビデオに撮りたいところでしたが、
目を思いっきり開きながら見入る「生命の瞬間」でした。

そこで、本日のタイトルに引用させていただいた坂村真民先生の詩を、久々に紹介させていただきたいと存じます。

生きることは

生きることは
自分の花を咲かせること
風雪に耐え寒暑に耐え
誰のものでもない
自分の花を咲かせよう

生きることは
神仏の使命を果すこと
生まれてきた者には
必ず何かの使命がある
それを見出して為し遂げよう

生きることは
光を見出すこと
この世は決して闇ではなく
必ず光が射してくる
そのことを信じ
勇気を出してゆこう

生きることは
愛に目覚めること
人を愛し世を愛し万物を愛し
二度とない人生を
愛の心で包んでゆこう

生きることは有り難いこと
生かされて生きる不思議を知り
すべてに感謝し
手を合わせてゆこう


(引用/著書:花ひらく 心ひらく 道ひらく /著者:坂村真民 /発行:講談社+α新書)

因みに、光が射してきたことを感じたオクラの花は、園の子どもたちが本サマーキャンプの自然探検へ出発する頃には完全に開き切っていました。次の写真です。


rKivMv5jTxSG86ewdMl3wg.jpg
何度見ても、綺麗ですね。




posted by 幼児の学園 子どもの森 at 16:56| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

オクラの蕾

2018/07/12(木)

 台風8号が去って普通の生活に戻りつつある子どもたちです。今週は月曜日から台風8号に向けての備えと去った跡の片付けで非常にドタバタしてしまいました。ようやく、普通の生活に戻りつつあるおともだちですが、10日から予定していました水遊び・プール遊びは1日順延となり、昨日から今日まで北谷公園水泳プールに出かけ、思いっきり遊んできています。その様子は、本園ホームページの ◎子どもの森Diaryブログ に掲載してございます。閲覧されてみてください。

本記事では、7月9日(月)のハルサー活動の様子を紹介させていただきます。


fullsizeoutput_1447.jpeg

fullsizeoutput_1448.jpeg

fullsizeoutput_1449.jpeg

fullsizeoutput_144a.jpeg

fullsizeoutput_144b.jpeg

fullsizeoutput_144c.jpeg

fullsizeoutput_144e.jpeg

fullsizeoutput_144f.jpeg

fullsizeoutput_1450.jpeg

fullsizeoutput_1451.jpeg

fullsizeoutput_1454.jpeg
台風7号の時に室内に避難させて後、水やりを楽しんでいるおともだちです。
その後、またすぐ避難させることになりましたね。
今のうちにたっぷりとお水をあげておこうね。



fullsizeoutput_1453.jpeg
オクラに蕾ができているよです。台風の避難でどうなるのでしょうね。
綺麗な花を咲かせてくださいね。

posted by 幼児の学園 子どもの森 at 21:59| Comment(0) | 日記

2018年07月06日

森のハルサー、七夕

2018/07/06(金)

 未明まで激しい雨が降っていましたが、園が始まる頃にはすっかり上がり久々に蝉の合唱を聞いたような朝を迎えました。いよいよ今日から真夏の沖縄の天気になって行くのかと思いきや、また南海上には台風8号が発生し、沖縄本島への直撃コースで進んでいるとの報道が流れました。午後辺りからは曇り空へと転じ今にも雨が降りそうなどんよりとした空模様となりました。

 明日は7月7日、七夕です。明日は土曜日ですので、今日まで短冊に願い事を書いて七夕飾りを準備してきたおともだちは、全員揃って記念写真を撮りましたので紹介させていただきます。



fullsizeoutput_12ce.jpeg



 七夕と聞きますと、その頃は晴れた日が少ないイメージがありますので、ふと、手元の暦を見てみました。すると、今日は夏至も末候、第三十候 半夏生(はんげしょうず)の最後の日のようです。

半夏生(はんげしょうず)の頃は農作業の大事な節目のようで、この頃降る雨は「半夏雨(はんげあめ)」と呼ばれ大雨になるとされているようですので、「なるほど」と勝手に納得しているところです。


因みに、これまで水不足だった沖縄地方のダム事情を調べて見ますと、本日0時現在で83.5%となっており、年平均値82.3%より上回るところまで回復してきているようです。


 しかし、今度は、台風8号。

 早めの対策に取り組んでいきたいと存じます。



posted by 幼児の学園 子どもの森 at 23:00| Comment(0) | 日記