2019年05月25日

水の心でありたい

2019年(令和元年)5月25日(土)

 ご無沙汰してしまいました。沖縄地方は梅雨入りしたようですが今日も朝から晴れた天気です。
今日は土曜日とあってお休みするおともだちが多いですが、いつものように水やりや草取りを楽しんでいます。

ですが、およそこの一週間で沢山のハルサー活動写真が貯まってしまいましたので、それらの中からいくつか紹介させていただいて本日の記事とさせていただきます。

fullsizeoutput_1dc3.jpeg
fullsizeoutput_1dc4.jpeg
fullsizeoutput_1dc6.jpeg
種蒔きしたトウモロコシと枝豆に水やりを楽しむおともだち
の様子です。芽が出ていることに感動していることが表情にも
表れています。




fullsizeoutput_1dc7.jpeg
fullsizeoutput_1dc9.jpeg
fullsizeoutput_1dcb.jpeg
お水一滴たりとも無駄にしない表情が表れています。
「たくさんあげるから、大きくなってね!」
と、言葉かけをしているような優しさがにじみ出ていますね。



fullsizeoutput_1dd2.jpeg
「おいしい水はこっちだよ!」と、ばかりに
水やりをする前にカメラに向かって笑みを見せてくれました。
「ぼくの様子もちゃんと撮ってよね!」




fullsizeoutput_1dd3.jpeg
fullsizeoutput_1dd4.jpeg
fullsizeoutput_1dd8.jpeg
集中している様子がしっかり伝わってきますね。
焦点をぶらさないようにコントロールする腕の力も
頼もしいですね。
お水の量を加減しながら、徐々に腕が上がっていますね。



fullsizeoutput_1dd9.jpeg
「あれ、もうない!」
あっという間の出来事です。
集中していると、時間が経ったことは感じられないでしょうね。



fullsizeoutput_1ddb.jpeg
fullsizeoutput_1ddc.jpeg
まだ芽が出ていないポットを選んでお水をあげるおともだちです。
「お水が少なかったの?」
「それとも気分が良くないの?」
と、話しかけるように覗き込みながら水やりをする
優しいおともだちです。




fullsizeoutput_1ddd.jpeg
fullsizeoutput_1dde.jpeg
「ぼくは、こっちの種にお水をあげるよ!」
「ぼくのあま〜いお水が欲しかったんだよね、きっと。」
とでも言いたげに、自信満々の表情です。




fullsizeoutput_1ddf.jpeg
fullsizeoutput_1de0.jpeg
「しずかに、やさしくしてあげたほうが いいかもよ!」
と、でも言いたげな表情で水やりするおともだちです。
しとやかな表情が出ていますね。




fullsizeoutput_1de1.jpeg
fullsizeoutput_1de2.jpeg
fullsizeoutput_1de3.jpeg
「わたしの優しさをたっぷりあげるね。」
のどに詰まるといけないから、はじめに少しずつ
   ・
   ・
   ・
おいしさがわかって、もっと欲しくなったところで
たっぷりと・・・・

(後ろの男の子)「まだ出る。もっと傾けて!」

(女の子)「も〜、出ないよ〜!」
「一滴、ぽつん!」
  
全身を使った愛情たっぷりの水やりでした。



fullsizeoutput_1de5.jpeg
「ねっ、見たでしょ!」





そこで、今日の一篇。
駄作で失礼致します。


  水の心でありたい

土をつきやぶって出た
芽を見つめる子ども
瞬きひとつせず
目をまんまるにして
くちもとには笑みを浮かべながら

水やりする姿が眩しい
水は芽のかたちになって
土にしみこんでいく
キラリと光を放ちながら

まだ出ぬ芽に
種の形を思い浮かべる子ども
覗き込むように
目を土の中を見入るようにして
くちもとをきりっと引き締めて

水やりする姿がやさしい
水はたねを包みこむように
土にしみこんでいく
キラリ光を放ちながら

自分の形を自在に変える水
物も人もすべてを包む水
水のこころでありたい


失礼致しました。
お口直しに高田敏子さんの名作「水のこころ」をYouTube から紹介させていただきます。




次の曲もたいへん素晴らしいです。











posted by 幼児の学園 子どもの森 at 19:41| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

しあわせのたね

2019(令和 元)年5月16日(木)

 今日は朝から小雨の天気です。水遣りや草取りができないので少し残念そうですが、小さいビニールポットに植えた枝豆が昨日から、そしてトウモロコシは今日から芽を出しているのでとても嬉しそうにしています。

枝豆とトウモロコシは直射日光が当たらない涼しいところに移動してありますので、水遣りは楽しめています。

まずは、昨日の活動の記事から投稿させていただきます。


fullsizeoutput_1dae.jpeg
fullsizeoutput_1db0.jpeg
fullsizeoutput_1db1.jpeg
雑草取りを楽しむおともだちの様子です。
「こんなに大きいのを見つけたよ。」
と、自慢げにカメラに向かって見せてくれました。



fullsizeoutput_1db2.jpeg
「ぼくも 大きい雑草 とったよ。」
雑草が成長していくスピードには、おともだち全員で
とりかかっても追いつくことはできません。
いっぽん一本取ることを楽しんでいる様子ですので、
むしろ、そのいっぽん一本がおともだちとしての
触れ合いの対象なのでしょう。



fullsizeoutput_1db3.jpeg
fullsizeoutput_1db4.jpeg
雑草取りの喜びは、自然との触れ合いの喜びなんでしょうね。
大人が、「雑草に栄養分を取られてしまうよ!」と、
話したところでそんなことお構いなし。
おとなの様に急ぐ気持ちは毛頭ありません。
マイペースで、ゆっくり、1っぽんずつね!




fullsizeoutput_1db8.jpeg
水やりを楽しむおともだちの様子です。
先日掲載させていただいた詩の中にあったように、
小さなしあわせを忘れてしまった大人からは
理解できないでしょうが、子どもたちはこの瞬間、瞬間を
しあわせに感じていることでしょう。


fullsizeoutput_1db9.jpeg
雑草取りをする時はそのしあわせ、水やりを
する時は水やりをする時のしあわせ、表情は違っても
二度と帰ってこない、二度と同じ時のないその瞬間、
瞬間をしあわせいっぱい生きていることを
私たち大人へ教えていることに気づかなければ
ならないでしょう。



fullsizeoutput_1dbc.jpeg
自分たちで植えたオクラの苗も確実に成長していることを
感じつつ、思いやる気持ちでゆっくり根元にかけてあげる
優しさがにじみ出ています。きっとしあわせ気分でしょう。



fullsizeoutput_1dbd.jpeg
男の子はわんぱくそうに笑みを浮かべていますが、
みんな表情は違ってもしあわせにちがいありません。




fullsizeoutput_1dad.jpeg
子どもたちが5月13日に小さなビニールポットに植えた
枝豆の種が芽を出しました。おともだちは大喜びです。
そのちいさなしあわせが私を癒してくれたのでした。


そこで、今日の一篇。
駄作で申し訳ございません。



  しあわせのたね

ちいさな一粒の種を 手のひらにのせて
瞬きもせず見入る子ども

生命が詰まっていると聞いて
微かな動きを探しているのだろう

人差し指の先を 土に押し入れ
その種をやさしく埋める

手のひらで 土の上を撫で
くちびるは 微かに動く

三日目の朝 わたしの心に
しあわせの芽がでたのです


しあわせになりたい
しあわせになりたい

誰もが思うこと
誰もが願うこと

しあわせの種は 外にはないかも
しあわせの種は 自分の身体の中

自分の中にしかないかも
自分で育てるしかないかも

その種を育てることを忘れ
雑草だけが生えた大人たち

雑草を取り続け
しあわせの種を育てよう


お口直しに名曲を紹介させていただきます。
しあわせのことを歌った名曲をまた、YouTubeから埋め込みさせていただきました。









posted by 幼児の学園 子どもの森 at 19:11| Comment(0) | 日記

2019年05月15日

おひさまのたね

2019年(令和元年)5月15日(水)

本日も昨日に引き続き、5月13日の種まきの様子を紹介させていただきます。

fullsizeoutput_1d26.jpeg
トウモロコシの種植えをするおともだちです。顔を上げたところの
表情を撮りたくてできるだけ下方からカメラを構えているのですが、
カメラを向けていることも気づかないくらいに集中しています。
これより低くカメラを構えることができなくて、ご理解ください。




fullsizeoutput_1d27.jpeg
こちらのおともだちも、種植えに集中しています。
きっと、周囲の声も、音も耳に入らないことでしょう。



fullsizeoutput_1d29.jpeg
カメラの方が撮る位置を変えおともだちの正面に向かったのですが、
全く顔を上げてくれません。どんどん、頭は垂れて行きます。
(稲穂の心かも?)




fullsizeoutput_1d2a.jpeg
fullsizeoutput_1d2b.jpeg
fullsizeoutput_1d2f.jpeg
枝豆の種を植えるおともだちの連写写真です。指で穴を掘り、
種を落として土を被せていく様子です。
写している者は、顔の表情を撮りたいのですが、全く無視(?)され
ているようです。




fullsizeoutput_1d32.jpeg
fullsizeoutput_1d33.jpeg
fullsizeoutput_1d34.jpeg
fullsizeoutput_1d35.jpeg
こちらも枝豆の種を植えるおともだちの連写写真です。
人差し指で穴を掘るところから土寄せまで一度も顔を
上げてくれません(?)でした。
小さな生命との触れ合い、おともだちの心の中で、何か、
共鳴するものがきっとあるのでしょう。

そこで、今日の一篇を紹介させていただきます。
本来なら、子どもたちの笑顔を載せたかったのですが、
皆、下をうつむいて集中している様子でした。

本園のおともだち、ひよこ組からパンダ組までの誰もが持っている笑顔をイメージしながら紹介させていただく
ことにしました。



       おひさまのたね

      作詞:弥勒 / 作曲:西島三重子



     こどもはだれもが おひさまの種を
     にぎって生まれてくるんだよ
     えがおのひざしと 涙の雨が
     きみの大地に そそぎこむ

     おひさまになれ おひさまになれ
     やさしく強い 心をもって
     おひさまになれ おひさまになれ
     そばにいるだけで あったかい



     ことばにだしても 伝わらないけど
     いつでも両手は ひろげてる
     振りきるのもいい つかまるのもいい
     きみのいのちが うるおうなら

     おひさまになれ おひさまになれ
     笑っていつか 話をしよう
     おひさまになれ おひさまになれ
     離れても心は そばにいる


     あしたの天気に くよくよするほど
     きみの大地は ちいさくない


     おひさまになれ おひさまになれ
     やさしく強い 心をもって
     おひさまになれ おひさまになれ
     そばにいるだけで あったかい

     おひさまになれ おひさまになれ
     やさしく強い 心をもって
     おひさまになれ おひさまになれ
     そばにいるだけで あったかい



参照させていただきましたYouTubeのリンク先を次に紹介いたします。
是非、聴いてみてください。おすすめです。

ここから入る

https://youtu.be/VM8fTFxHkFk


















posted by 幼児の学園 子どもの森 at 18:52| Comment(0) | 日記